HGUC      
RGM-79 POWERED GM

長らくキット化を要望されてたパワードジムです。
ここ最近のHGUCの例に漏れず、こいつもキットの出来がいいです・・・
が、ちょっと気になる部分もあるのでその辺りをちまちまと弄ってます。
1/144祭りのラストにふさわしかどうかはわかりませんけど。


頭部
分割方法を変更して、内部メカとレンズの後ハメ化。
アンテナはシャープに削り込みしてます。
内部メカはフィニッシャーズのクロームシルバーで塗装しています。
バルカンは削り落として、つぶし玉に変更しています。

胴体
首はキットのポリパーツを真ん中で分割して1mmプラ板を挟み、その上からエポパテを盛って設定通りの角型に整形。
胴体側の接続はボールジョイントにして可動範囲を拡大しています。
胸部にはスジ彫りを追加してます。
腰はカトキジムの基本と言うべき「アヒル腰」にするべく、ふんどし部を前後に大型化(前は正面に1mm、後は前後にそれぞれ1mm)
後側はバズーカラッチ部が省略されているので、スジ彫りを追加してます(当然開きません・・・)
腰アーマーはF&R共に1.5mm延長し、サイドも含めて裏側をパテで埋めた後、プラ板でディテールを追加(Rアーマーは真鍮線接続にて可動式に)

腕部
肩アーマーはスラスターを片側に寄せて塗装後に組めるようにしています。
スラスターはスリッド入りプラ板でディテールアップ。
手首取り付け部はモールドを削り落として、WAVEのUバーニアフラットに置き換えてます。
右腕のシールド取り付け穴はプラ板でディテールを製作して塞いでいます。

脚部
太ももは2mm延長して、ヒザ関節・アンクルアーマーの後ハメ加工と足首のかかと側に0.14mmプラシートでディテールを追加。
スリッパは初期画稿風にしたかったんですが、結局はエッジを削り込んだだけです(一応は長方形に近い形になるように削り込んではいます)

バックパック・武器
バックパックはバーニアをコトブキヤのものに変更し、中央につぶし玉を入れています。
マシンガンは銃口をピンバイスで薄くし、スコープにはHアイズを埋め込み(裏側にアルミテープを貼っています)
バズーカはストレート組みで、スコープにはラビーテープを貼っています。
シールドは覗き穴を小松原氏の作品を参考に、プラ板でディテールアップしています。

塗装はフィニッシャーズ(F)・クレオス(C)を使用しています。
普通に塗ろうかと思ったんですが、思い切ってドットマトリクスカモフラージュ仕様です。

ホワイト:ファンデーションホワイト(F)→ファンデーションホワイト+エアクラフトグレー(C)少量
オレンジ(薄):ファンデーションホワイト→ディープオレンジ(F)+ピュアイエロー(F)+ルミレッド(F)+ファンデーションホワイト+蛍光オレンジ(C)少量
オレンジ(濃):ディープオレンジ+ルミレッド+ブライトレッド+(F)+ファンデーションホワイト+ピュアブラック(F)少量+蛍光オレンジ
レッド:ファンデーションホワイト→ルミレッド+ブライトレッド+ファンデーションホワイト+蛍光オレンジ
イエロー:ファンデーションホワイト→ピュアイエロー(F)ファンデーションホワイト+ピュアオレンジ+蛍光オレンジ少量
グレー:ファンデーショングレー(F)+ピュアブラック+ファンデーションホワイト

スミ入れはタミヤエナメルで行い、デカールはガンダムデカール「MGガンダムVer.ka用」・「HGUC0083シリーズ用(水転写式)とWAVE Xデカール3・サテライトコーションデカールを使用しています。
(パッケージにはE.F.S.Fと記載してありますけど、トリントン基地所属機体が宇宙軍を示すE.F.S.Fはおかしいだろという理由からE.F.F.としています。インシグニアはトリントン基地を示す『TB』、番号の02は01はテストパイロット部隊の隊長であるバニング機が01だろうということで、アレン機はその次だろうと言う理由です)
最後にガイアノーツのつや消しクリアーを吹いています。

とりあえず完成したはいいものの・・・
細かいドットマトリクスは粗が粗がかなり目立ちます(上吹きのオレンジを厚塗りしたせいでばっちり段差に・・・)
ちなみにマスキング地獄だったヘイズル以上にマスキングに時間がかかってます。









ブラウザでお戻りください。

inserted by FC2 system