ZGMF-X20A
Mg STRIKE FREEDOM GUNDAM

まさか出るとは思わなかったMgストライクフリーダム(だから2コ1始めた)です。
とりあえずキットの等身修正と面とエッジの修正程度しか手を入れてません。

今回は特に、HJムックの伊勢谷氏作例を意識しないで製作することを心かけています。
だってみんな伊勢谷ストフリを意識して製作してるようなので・・・


改修内容
頭部:アンテナをシャープに削りこみ。トサカは軽く削りこんでエッジを立てつつ、気持ち高さを抑えています。耳ダクト内部ディテールは後ハメはせず塗装後に組み込み、マスキングで対処しています(マスキングの便の為、合わせ目から前側をヘルメットから切り離しています)フェイスはツインアイを0.25mmプラ板から切り出して新造(フィニッシャーズのクロームシルバー塗装後にクレオスのクリアイエローで塗装して仕上げています)頬はアウトラインをシャープに見えるように削り込み。バルカンはつぶし玉(1.5mmピンクゴールド)に置き換え。

胴体:首は1mm延長、腹部フレームを1.5mm延長してト 頭身のバランスを調整しています。胸部ダクトと鎖骨部ダクトはフィンを削り込んで薄くしています。
腰アーマーは裏面をパテで埋め、0.14mmプラシートでモールドを製作。
レールガンは基本的にキットストレート組みですが、収納時に砲身が後側に行くように基部周辺を加工しています(スライドギミックは強度面等を考えて後ハメせずマスキングで塗装しています)

腕部:基本的には面とエッジの調整のみで、キットストレート組みです。

脚部:腕部と同様に面とエッジの調整のみです。足裏バーニア部はつぶし玉(1.5mmシルバー)を埋め込んでいます。

バックパック&ウイング:こちらもキットストレート組みです。
スラスター部はフィンを薄く削りこみ、スラスター中央にはつぶし玉(1.5mm シルバー)を埋め込み。
羽の金色パーツは強度面とギミックを考慮して、後ハメせずに塗装して組み込みして羽の処理、塗装時はマスキングして対応しています。
ドラグーンは、砲口部につぶし玉(1.5mm ゴールド)を埋め込み。

武器類:ライフルはスコープ部にラビーテープ貼り込み。ビームサーベルはサーベル刃をクレオス蛍光ピンクでコートしています。


塗料は基本的にフィニッシャーズを使用しています(クレオスはCと表記)

ホワイト:下塗りファンデーションホワイト
上塗りスーパーシェルホワイト

ブルー:下塗りファンデーションブルー
上塗りスーパーファインコバルト+ファンデーションホワイト+蛍光ピンク(C)+蛍光レッド(C)

イエロー:下塗りファンデーションホワイト
上塗りピュアイエロー+オレンジ少量+蛍光オレンジ(C)少量

レッド:下塗りファンデーションホワイト+ファンデーションピンク
上塗りブライトレッド+ルミレッド+ファンデーションホワイト+蛍光オレンジ(C)

ダークブルー:スーパーディープブルー

ブルーグレー:ファンデーショングレー+ブルーパープル

グレー:ファンデーショングレー+ピュアブラック+ファンデーションホワイト

ゴールド:下塗りピュアブラック
上塗りスーパーゴールド(C)+クリアイエロー(C)+クリアオレンジ(C)少量

スミ入れはタミヤエナメル3〜4色で行い(フレームのABSパーツは、ABSに金属が混ぜた物となっており、塗装することで強度が落ちている可能性が考えられるために、外装を付けた時に見える部分のみ施しています)デカールは付属のガンダムデカールと、ガンダムデカール「MGウイングガンダムVer.ka用」(水転写式)を使用して、極力派手にならないように貼っています。
トップコートはガイアノーツのつや消しクリアーを使用しています(フレーム等金色パーツにはフィニッシャーズのオートクリアを使用しています)

今回一部画像はharuchanに画像補正をしてもらったんですけど・・・
やっぱり修行しないとナ、俺(綺麗なのがharuchanが手がけたやつです)





ブラウザでお戻り下さい。

inserted by FC2 system