MGストライクフリーダムガンダムです。
2体目になるのですが、今回は「アニメ本編のストライクフリーダム(
チーフメカ作監重田氏の描くイラスト)に近くしつつ、うるさくならない程度のディテールを追加する」をコンセプトに製作しています。

改修内容

頭部
基本的な形状や大きさなどはキットのままです。頬当て部分の分割方法を変えて、ダクト内部パーツの後ハメ加工をしつつエッジをシャープに出しています。
アンテナはシャープに削り込み、バルカンは開口してつぶし玉を埋め込み。
フェイスは、ツインアイを0.25mmプラ板で作り直しアウトラインを気持ちシャープになるように削り込んでいます。

胴体
首は1mm延長+軸を1mm後ろに移動
後は基本的にはキットそのままなのですが、コクピットハッチと腹部ビーム砲はディテールを追加(ビーム砲は2重構造にしています)、腹部などはスジ彫りを追加しています。
腰アーマーは裏側を、パテで埋めた上で、プラ板でディテールを追加&スジ彫り追加。表側もスジ彫りとプラ板を貼り付けています。
レールガンは後ハメ加工を施して、銃口を削り込んで情報量を増やしています。

腕部
基本的にはキットストレートです。
肩アーマーは上部を切り取って、簡単なフレーム調ディテールを追加(定番のHJムック伊勢谷氏スクラッチ作例を参考としていますが、あくまでも位置などの参考にしかしていません)
下腕はスジ彫りを追加、ビームシールド発生部はスジ彫りを追加しつつ、アウトラインを変更(手首側を切り取り&エッジ位置修正)

脚部
太ももとスネの外装(正面側)のエッジにパテを盛ってラインを変更。太くなったように見えますが、太さ自体はキットとほぼ同じです。
ヒザアーマーにはプラ板でディテールを追加、ふくらはぎはスジ彫りを追加しています。
足裏スラスターにはつぶし玉を埋め込み。

バックパック&羽
バックパックはスラスターにつぶし玉を埋め込み、羽は一部パーツを後ハメ加工(強度を考え、組み立て時に接着しております)

武器類他
ライフルはキットをストレートに組んだもので、スコープ部はラビ−テープで仕上げ。
ビームサーベルはシルバーをアクセントとして塗り分けしています。
ドラグーンは砲口につぶし玉を埋め込んでいます。
スタンドは可動部の保持力が極端に低かった為に、接着して固定式に変更しております。

塗装は、表面処理後クレオスの1200番サフェーサーを吹いた後行っています。
塗料はフィニッシャーズ(F)をメインに、クレオス(C)、ガイアノーツ(G)を使用しています。
(基本的にブルー、ゴールド、グレー、紺以外は下地としてファンデーションホワイト(F)を吹いた後塗装しています)

ホワイト:スーパーシェルホワイト(F)+ファンデーションホワイト(F)

ブルー:下地(ブルーパープル(F)+ファンデーションブルー(F)少量+蛍光ピンク(C)少量)後に、SFC(F)+ファンデーションホワイト+蛍光ピンク。
ウルトラマリンブルー(G)+ファンデーションホワイト+蛍光ピンクをオーバーコートとして塗装しています。

イエロー:ピュアイエロー(F)+オレンジ(F)+ファンデーションホワイト+蛍光オレンジ(C)

レッド:ブライトレッド(F)+ルミレッド(F)+ファンデーションホワイト+蛍光オレンジ

紺:SDB(F)

グレー:ファンデーショングレー(F)+ファンデーションホワイト(F)+ピュアブラック(F)少量

ゴールド:下地EXシルバー(G)後スーパーゴールド(C)

スミ入れはタミヤエナメルを使用して(フレーム等はABSパーツの強度を考慮して行っていません)、デカールはガンダムデカール「MGストライクフリーダムガンダム用」、「MGクロスボーンガンダムX1 Ver.ka用」(水転写式)を使用しています。
最後ににゴールド部分以外をフィニッシャーズのスーパーフラットコートを吹いて仕上げています。


実はこのキット、、1体目の部品取りとして急遽購入したキットが元なのよね。
しかし、百鬼でV2の支えとして大活躍するとは誰も思わなかったでしょうw
多分百鬼入賞はこいつのおかげかもしれないwww



ブラウザでお戻りください

ZGMF-X20A STRIKEFREEDOM GUNDAM 2.0

inserted by FC2 system