MG RX-78 NT-1"AREX"(Ver.ka style)

電撃ホビーマガジンの「電撃ガンプラ王2006」用に(なるはずだった)アレックスです。
元々、それ用として製作していたものではないのですが、当初予定していたものがどう考えても間に合わないため、急遽こちらにシフトしました。

基本的にはMGアレックスがベースというわけではなく、定番?!のMGガンダム4号機(使用してるのは5号機ですが)をベースにアレックスのパーツを組み合わせたものです。

今回は個人的なコンセプトとして
・カトキ氏のGFF用イラストを参考としてプロポーションの参考にする
・本来当時最新のガンダムであったアレックスの意匠を組み込むことで出来たガンダムVer,kaを意識して、いわゆる「Ver.kaの記号」を意識して組み込む。
・一部ディテール等をガンダムインテグラル版アレックス(小松原氏原型)を参考にする(というか意識する)
を念頭に作成しています。

                           頭部

基本は5号機のもので耳ダクト部をアレックスから、頬当てダクトはVer.kaから移植しています。
頬当て部が正面から見た時ハの字に見えるように角度をつけて接着しています。
ヘルメット全体は削り込み&目尻部分を1mm正面に行くように延長しています(頬当て部分が長くなってるためバランスを考慮して)
アンテナも5号機用でアンテナ裏面に0.25mmプラ板で簡単なディテールを政策。
フェイスはGP01用を使用し、頬のライン&アゴを若干削りこんでます。
メインカメラはラビーテープ、ツインアイはスーパーファインシルバー→クリアグリーンで仕上げています。
スジ彫りはインテグラル版を参考に。

                                        胴体
首は1.5mm延長し、エリ部分は前側アレックス+後ろ側5号機でラインを合わせています(ちょっと精度低いですね・・・)
鎖骨ダクト部・胸部ダクト周辺・コクピットハッチをアレックスから移植(5号機の周辺部を削りこみ、接着後パテ等でライン修正)しています。
胸部ダクトはプラ板で自作、コクピットハッチは取り付け部ごとアレックスから移植していて、ハッチ自体はインテグラル版を参考とした形状です。
胸部のスジ彫りはインテグラル版を参考とした、いわゆるLDジャケット版です(ただし丸モールドを意図的に付けませんでした)
腰は基本的に5号機のもので股間部はを左右1mm幅増し、アーマー取り付け部をVer.kaより移植してラインをパテ等で修正。
アーマー類は全てVer.ka用をベースとしています。
ふんどし部は左右・正面を1mm幅増し&形状を若干変更し、アポジモーターは市販パーツで製作(3重構造)
FアーマーはVer.kaの物にアレックスのダクト部を移植(これにより2mmほど長くなっています)裏側はパテで埋めてプラ板でディテールを製作しています。
サイドアーマーはフレーム部を大型化し腹部から生えているように(この関係で腰は回りません)こちらもアポジモーターは作り直し(3重構造)
Rアーマーは3mm延長し、こちらも裏側はパテで埋めプラ板でディテールを製作。
ふんどし部正面のアポジモーターなど意図的にオミットしています(インテグラル版を意識して)

腰周りはこんな感じです。
アーマー裏もディテール製作&塗り分けしています。

                                  腕部
肩アーマーはVer.kaのものでアポジモーター部を新規で製作&裏面は埋めてプラ板でディテール製作しています。
ホイストフックはアレックスから移植しています。アポジモーターは2重構造です。
肩本体&上腕は5号機のものを使用(面とエッジの修正を行ったのみ)しています。
下腕は前半分5号機・後半分アレックスの2コ1仕様(ガトリングガンのギミックを生かしたかったので・・・)
パテなどでかなりラインを修正しています。
ガトリングカバー部のスリッドは開口しています。ヒジ裏側部はスリッド入りプラ板を張っています。
ガトリングガンは銃口をピンバイスで薄くしています。
手首は4&5号機用のHDMです。

ガトリングガン周辺はこんな感じです。
アレックスのキットの展開ギミックを生かしたまま製作しています。

                       脚部
こちらも基本的に5号機ベースで、アレックスのスネ等のパーツ移植しています。
スネ外装は上側を1.5mm延長しています
ヒザアーマーはアレックスのものに5号機の接続用パーツを移植しています。
GFFを参考にアルテコを盛ってエッジを立てています。
スネはまず本体の後ハメ加工後、アレックスの外装を接着しパテでラインを整えています(このため外装の取り外しは完全オミットです)
外側フクラハギスラスターは開口してプラ板でフィンを製作し、裏側にはスリッド入りプラ板でふたをしています。

内側のアポジモーターは2重構造です(上側はコトブキヤのリベットを貼り付けています。

アンクルアーマーは5号機用でエッジを修正、○1モールドはレックレスのサークルワンを使用。
足首は前半分Ver.ka+後ろ半分5号機の2コ1仕様(複製して数を揃えるつもりだったのですが、雨続き&時間的関係で2つ普通に作りました)
つま先はプラ板をクサビ状に貼って、反りを強めにしています(カトキスリッパというより藤岡建機版カトキスリッパですな・・・)

                                                     バックパック&武器類
バックパックは基本的にアレックスのものそのままです。
アポジモーターはサイドは3重構造、後正面は2重構造です。
メインスラスターは中心部につぶし玉(1.5mm・シルバー)を埋め込んでます。

シールドもアレックスのものそのままです。
ピン後の処理&接続パーツ取り付け部にスリッド入りプラ板を貼りディテールアップしたのみです。
ビームサーベル刃先端に真鍮線でディテールアップ、ビームライフルは下腕の関係でアレックスのものが持てなかった為、Ver,kaのものを使用しています。

塗装はフィニッシャーズ(F)・クレオス(C)を使用しています。

ホワイト:ファンデーションホワイト(F)→ファンデーションホワイト(F)+ピュアブラック(F)数滴
ブルー:ファンデーションブルー(F)→SFC(F)+ブルーパープル(F)+ファンデーションホワイト(F)+蛍光ピンク(C)
オレンジ:ファンデーションホワイト(F)→オレンジ(F)+ピュアイエロー(F)+ファンデーションホワイト(F)+蛍光レッド(C)
レッド:ファンデーションホワイト(F)→ピュアレッド(F)+ルミレッド(F)+ファンデーションホワイト(F)+蛍光オレンジ(C)
グレー:ファンデーショングレー(F)+ピュアブラック(F)+ファンデーションホワイト(F)

スミ入れはタミヤエナメル4〜5色を使用しています。
デカールは付属のガンダムデカールとサテライトのコーションデカールを使用しています。
トップコートはクレオスのスーパークリア(つや消しの光沢をごく少量加えたもの)を吹いています。

結果的には色々とあってガン王に出品することは出来なかったのですが、製作開始して1年以上かかって完成しました。
でも雨続きで塗装できなかったり、焦って各部の制度が低かったりと課題も多い作品になりましたね。












ブラウザでお戻り下さい。

inserted by FC2 system