gallryTOPへ

MG GUNDAM Mk-U Ver.ka


以前から製作したかった、旧HGガンダムMk-Uインストのカトキ氏イラスト版ガンダムMk-U
つまり「ガンダムMk-UVer.ka」ですね。
個人的にこの頃の(つまりセンチネルを初めとした)初期カトキ氏イラストが一番好きなんですよね。
なんで百鬼夜行2ndに参加するのを決めた時、作品の第1候補にしたのがコレだったんですよ。
丁度、劇場版Zガンダムの上映後ということもあったのも事実です。
7月の初めにキット購入してたんですけど、入院等もあって製作開始したのは9月の初め。
途中、Mk-UVer2.0の発売で少し凹み気味でしたけど何とか完成しました。

とはいえ、早くから製作してたにもかかわらず12月初めの段階でまだ表面処理してるというていたらくで
スジ彫りを初めとしたディティールを省略したり、製作当初は作るつもりだったGディフェンサー(イラストもありますし)、バズーカも製作できず・・・
しかも表面処理の時間かけたにも関らず、表面ガタガタ(それにサフチェック時に見逃して、塗装途中に気が付くという・・・)です・・・

もう1度作りたいですね(笑)
Ver1とVer2.0の2コ1で。

頭部:接着面で1.2mm幅増しし、頬当てを1mm延長し目尻付近もバランスを取るために1mm延長。
    アンテナはMGガンダムVer.kaのものを流用し、フェイスはMGガンダム5号機のものを使用しています。

胴体:首は基部を切り離して首側に移動&1.5mm延長。胸部&腹部は合わせ目で1mm幅増し。
    胸部は上側に1mmプラ板&パテでボリュームアップし、バランスを取るために腹部サイドを1mm幅増し。
    コクピットハッチは全体を0.5mmプラ板で大型化(赤部分は左右に0.3mmプラ板を貼り大型化)
    腰はフロントアーマーの外側に1.5mm、下側に2.5mm大型化しつつイラストの形状に修正し、裏側はプラ板でモールドを製作。

腕部:肩接続基部のムーバブルフレームは大型化、肩アーマーは内側に1mmプラ板で大型化しつつイラストの形状に修正。
    上腕は1mm延長延長し、形状変更。ヒジ関節はプラ板でイラストの形状に修正(可動範囲は殆ど無いに等しいです)
    下腕は1度切断し、プラ板で延長&形状変更(内側で2mm、外側で5mm)、手首はガンダムVer.kaのものを流用。

脚部:太ももは4mm延長、逆にスネはフレームで4mm幅ツメ。
    ヒザ関節はロック機構をオミット、ヒザアーマーは中央で1mm幅ツメ。スネアーマーは端面の形状を修正。
    足首シリンダー接続部は、基部を足首側に移設。足首はつま先側を切断して形状変更しつつ延長。
    甲は下端面を1mm程削り込み、延長。

バックパック:ストレート組みです。

武装:ビームライフルはサーマルジャケットの先端のディティール変更。


表面処理後、クレオスのサフェーサー1200を吹いて塗装しています。
塗装はフィニッシャーズメインです(フィニッシャーズ:F、クレオス:K、ガイアカラー:G)

ホワイト:ファンデーションホワイト(F)

紺色:スーパーファインコバルト(F)+ピュアブラック(F)+ファンデーションホワイト(F)+蛍光ブルー(G)

レッド:リッチレッド(F)+ファンデーションホワイト(F)+蛍光ピンク(K)

イエロー:ディープイエロー(F)+ピュアイエロー(F)+ファンデーションホワイト(F)+蛍光オレンジ(K)

グレー@(フレーム部):ファンデーショングレー(F)+カーボンブラックマット(F)+ファンデーションホワイト(F)

グレーA(バックパック等):グレー@にカーボンブラックマット(F)

バーニア&シリンダー:スーパーファインシルバー(K)

スミ入れはタミヤエナメル5〜6色使用しています。
デカールはGFFをトレースしたものを使用しています。

スミ入れ&デカール貼り後、ガイアノーツのクリア(光沢とつや消しを1対1で混ぜた半ツヤ)を吹いています。

inserted by FC2 system